嫉妬の感情が苦しいときに、知っておきたい2つのこと

こんにちは、夢子です。

今日は「嫉妬」の感情について、お話してみたいと思います。

 

嫉妬が苦しい理由

 

だれでも「嫉妬」をした経験があると思います。

他人を羨ましく思い、嫉妬心で苦しくなる・・・・。

 

その嫉妬心は、「あのひとにはあって、自分にはない」という幻想からくるものなので、ついつい「なぜ自分にはないのか?」と考え出し、その原因を過去に求めはじめてしまうものです。

 

例えば、「あのときこうしていれば・・」といった後悔や、「親が〇〇してくれなかったからだ・・」といった嘆きや恨みになったり。そして、自分にはどうせ無理なんだ。と諦めモードになり、だんだんとそんな自分自身が嫌になって不幸な気持ちにのまれていくのです。

 

嫉妬の苦しみって、「こんなにも欲しいのに、自分には手に入らない」という諦め・絶望感だったりします。

 

 

嫉妬の克服

 

では、嫉妬で苦しいときはどうしたらいいのでしょうか?

結論から言うと、嫉妬する方向へ進むこと、が一番だと考えています。

 

説明していきますね。

 

そもそも、嫉妬とは、「欲しくて仕方がないもの」という、自分自身の願望を教えてくれているだけなのです。悪者ではないということを、理解してあげましょう。

 

その上で、この2つを探ってみてください。

 

①相手のどういうところに、嫉妬していますか?

②自分はその結果を得ることで、「どんな感情を得たい」と思っていますか?

 

A子さんの場合。

例①どんなところ?

  • 有名インフルエンサーの〇〇さんの、夢を叶えて、好きなことを仕事にしているところ

例②どんな感情を得たい?

  • 自分を誇らしく思いたい
  • 自分を好きになりたい
  • 役に立っているという実感が欲しい

 

と、こんな感じです。

箇条書きに思いつくだけかいてみてください^^

 

本当に、欲しいものとは?

 

ポイントは、②です。
どんなことがあがりましたか?

 

先ほどのA子さんの例でいうと、

例②どんな感情を得たい?

  • 自分を誇らしく思いたい
  • 自分を好きになりたい
  • 役に立っているという実感が欲しい

こうです。

ざくっと言ってしまえば、自尊心高め、自分を愛して、人の役に立ちたい。コレが、欲しいんです。

 

(ココが欲しいということを、自分で理解しておかないと拗らせおかしな方向にすすみます…)

 

嫉妬とは「自分の欲しいもの」を教えてくれているだけ、とお話しました。

 

有名インフルエンサーのようになりたい!という夢、結果を追いかけつつ、

 

A子さんの場合は、毎日

・自尊心を高めてあげること
・自分を愛してあげること
・1日ひとつ、他人にありがとうと言われる良いことをやること

をやると、近道になる可能性がある、ということです。

 

私がおすすめするのは、①結果と②感情の両方を求めていく、ということです。

自分に縁のないことや、才能がない分野には、嫉妬はわかないはずだからです。

 

もしかしたら、それが、ゆくゆくあなたのライフワーク・天職になるのかもしれませんし、その道のりで気づく何かがあるのかもしれません。

なんにせよ、あなたにとって必要があるから、その嫉妬ちゃんがココロにいるわけです。

 

「あなたにもできる!なのに、そこに向かっていないよ、気づいて!」というメッセージとして受け取り、希望を捨てずにチャレンジしてみてくださいね!

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました^^

愛を込めて。

夢子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA