【保存版】自分を満たす4ステップ

 

前回、自分の人生を生きると決めることが大事だというお話を書きました。

じゃあ具体的にはどうしたら?というお話です。

 

何かが釈然としない…
なんとなくモヤモヤする…

 

そんなときにはこのステップを実験してみてね。

 

 

自分を満たす4ステップ

 

  1. 感情を吐き出す
  2. 本音を探る
  3. 行動する
  4. 期待しない

 

これだけです!解説していきます。

 

 

1,感情を吐き出す

 

怒りや悲しみなどのエネルギーが強い場合は、まずその感覚を感じ切って解放してあげます。

 

感情の吐き出し方はなんでもいいですが、私が実践して効果があったものをご紹介します。

 

 

・息を吐くと同時に、心のモヤモヤも一緒に吐き出すイメージをつくる

 

・何が嫌なのか、モヤモヤなのか紙に書き出して言語化し、意識化する

 

・1人になり、あ〜!!と声を出して発散する。

 

・音楽をかけてテキトーに自由に身体を動かす。

 

・ひたすらその感情を感じて、感じ飽きるのを待つ。

 

感情を発散できると、少し落ち着いてきて3割ほど楽になったと感じると思います。(個人差あり)

 

 

2,本音を探る

 

大抵は相手のせいにするか、自分のせいにして終わろうとすることも多いと思うけど、ちょっと待って!

 

感情が暴れているときに出てくる言葉は、大抵、不平不満や愚痴、暴言です。

 

例えば、「ふざけるな!」「あいつなんか大嫌いだ!」「何もわかってないくせに!」など。(これはステップ1の感情解放で出てきていればOK)

 

 

ここで自分の本心にたずねてみます。

 

「本当はどうしたかったの?」

「本当はどうされたかったの?」

 

静かに問いかけると、フッととわかるときがきます。

 

 

例えば、
「大切にされたい」「わかってほしい」
そんな可愛らしい願いだったりします。

 

この自分の純粋な願いを聞き入れてあげましょう。

 

 

3,行動する

 

本音がわかっただけでも、7割ぐらいスッキリとしているのではないかと思います。

 

次にやるのは

「じゃあ、どうする?」

という問いかけ。

 

本当はどうされたかったのか、どうしたかったのか。
本心、本音がわかりました。

 

では、その本音をワタシが叶えてあげましょう♪

 

1.2を丁寧にやっていれば、相手に感情をぶつけることもありません。素直に向き合うことができる状態が作れているはずです。

 

例えば、恋人と喧嘩して、その本音が「わかってもらいたかった」のなら、そのことを正直に伝えてみましょう。

 

本音を行動に移すことで、自分との信頼関係が強くなっていきます。

 

 

4,期待しない

 

さて、行動もし終わりました。これで、自分ができることは全てやり切りました!おめでとー!

 

10割完了です。あとはどうなるかわかりません。他人をコントロールすることはできないので、これ以上自分にできることはありません。

 

最後は、

ただ結果を期待しない

これだけです。

 

やりきった自分を褒めてあげて、ただ期待せずにまちましょう。
3を終えた時点で、本当の自分はとても満足しています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

自分の本音を自分で受け止め、

自分でその本音を叶えてあげるために行動に移し、

結果は期待しない。

 

これの繰り返しで自分は満たされていき、今を生きている感覚がわかります。

 

ぜひ実験してみてくださいね♪

 

 

 

 

 

ボイトレ・個人セッションはこちら↓

ご質問・お問い合わせお気軽にどうぞ^^

 

<宝本夢子LINE@>

最新情報やコラムが届きます。
友だち追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

TANDEN発声術2代目ボイストレーナー/ミュージカル女優。自分自身とつながり、本当の声で生きるボイスセッションやワークショップを提供しています。御鏡合唱団・音楽劇団ミュージカルパークTOKYO準備中。元宗教二世のおいたちをきっかけに心理オタクに。2019年8月より夫婦で家を手放し旅暮らしはじめました。